FC2ブログ

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

チャリ

Author:チャリ
おもに型染めや刺繍で
なにやら作ります。
どうぞよろしく。

お知らせ

参加しています。

検索フォーム

--/--/-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
Category: スポンサー広告
Edit | Permanent Link | Comment(-) | Trackback(-)
2011/05/29 Sun
tonikakunuu⑨-1
あっちこっち縫い足しました。



tonikakunuu⑨-2
刺し子糸もいっぱい刺しました。生地がしっかりしてきます。




tonikakunuu⑨-3
ツブツブ ブツブツ




tonikakunuu⑨-4
いろんな糸を足して。



少し布の表情変わったでしょうか?






爆笑問題の太田くんの短編小説に『星の王子さま』の「ぼく」と、
『銀河鉄道の夜』の「ジョバンニ」が銀河鉄道で乗り合わすって
いうのがあると聞いて読んでみた。
『マボロシの鳥』という本の中の『地球発……』というお話。
『銀河鉄道の夜』も『星の王子さま』も自分には難しかったりも
するのだけれど時々読み返す。

『地球発……』も少し難しかったけど、設定はおもしろかった。
本の感想を自分が書くと安っぽくなってしまいそうだけど……
「自分が何と繋がっているのか」っていうこと、考えさせられた。
ずっと忘れずに変わらずに気にする。一方的でも繋がる。
te.jpg
ちゃんと感じながら生きられてるかなぁ。


桜の花びらが散って飛んでいくような生き方、死に方できるかな?
それはとても格好よくて、とても怖い気がする。

  
              taiji.jpg










tonikakunuu⑨-5
リアス式海岸。




web拍手 by FC2
スポンサーサイト
Category: 作る - 動物
2011/05/18 Wed
tonikakunuu⑧-1
色々な生地をつなぎ合わせました。




tonikakunuu⑧-2
布合わせってなかなか難しいです。色もそうだし、柄も。








tonikakunuu⑧-3
ようやく針に糸が通った。






ここのところなかなか作業できる時間が少なく、ミシン作業にまだ入れない
のだけれど、手縫い作業をしていている時ぼんやり目の前にあるこれ




tonikakunuu⑨-machine
自分が使っている足踏みミシン。いいマシンです。
自分が生まれた時にはすでに我が家にあって、今でも大事に使っています。
作るもののミシンがけはほとんどこのミシン1台で作ります。

電気やガスが無くても、これは動くマシンなんだよなと改めてその良さを思う。
外観はところどころ傷みはあるけど、中身はずっと問題なくがんばってくれてます。
縫い目も電動ミシンよりずっと好き。大事に使っていこうなと思う。






tonikakunuu⑧-4
「兎に角」ウサギがいる部分、なにかの形。







web拍手 by FC2
Category: 作る - 動物
2011/05/09 Mon
tonikakunuu⑦-1
どんどん継ぎました。



ハギレ箱の中からいろんな生地を選んで、継いでいきます。
tonikakunuu⑦-2
今日のところはこんな具合。
どんな風になるのかまだ探り探りですが、最終的にこれを何に
仕上げるかは決まりました。





引きこもりがちな毎日から少しはみ出して、山登りに出かけました。
山といっても、片道80分程度のハイキングコース。
でも山頂でのおにぎりおいしかった。



山頂からロープウェイに乗ること5分。そこには国宝になった神社があります。
そこで見つけた神様。
usodori.jpg
鷽鳥(うそどり)って、自分は初めて知りました。


よくない事「嘘だピョーン」ってしてくれる幸運の守り神。
今こそ出番なんだけども。
よく考えなさいといってる神様?のほうが今は力関係強いのでしょうか?



blogram投票ボタン


web拍手 by FC2
Category: 作る - 動物
2011/05/02 Mon
tonikakunuu⑥-1
「縫」を縫ってみた。





これは、
tonikakunuu⑥-2
今までに使った生地のハギレ。何に使うともなく捨てられずとっておきました。
パッチワークをされる方にとってはあたりまえのことだと思いますが、自分は
パッチワークはやらないので、どうしようかなと思っていた生地。


パッチワークや刺し子は生地を大切に使い、生活に根付いてる作業だと思います。


パッチワークは今までは興味や好みの点で、あまり触れてこなかった気がします。
布を「つなぐ」だけで、パッチワークっていっていいのかな?


刺し子はよくします。
刺し子糸は少し太めでしっかりしているので好きでよく使います。
本来の刺し子の刺し方(刺し模様とでもいうのでしょうか?)は色々な伝統模様が
あるようですが自分の場合グシグシ縫って補強、もしくは刺繍の一部のようにして。
そんな使い方が多いです。


刺し子は布地の補強や保温のために少し太めの刺し子糸で細かく刺したもの。
津軽の「こぎん刺し」、南部の「菱刺し」、山形の庄内の「庄内刺し子」が有名な刺し子の技法。
とくに寒い東北のほうではとても理にかなった作業だと思います。






パッチワークや刺し子は「つぎあて」が始まりと聞いたことがあります。
誰かが作ったものを大事に使う「繕う」の作業。
おばあちゃんが繕ってくれた足袋靴下を思い出します。


そんなことを意識しつつ、少し布をつないでみようかと思います。
刺し子もして補強と布の表情変えをしてみたいと思います。




tonikakunuu⑥-3
まだこんな具合ですが。







tonikakunuu⑥-4
兎は生地をつかみました。







web拍手 by FC2
Category: 作る - 動物
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。